親子で楽しむカメラモチーフのペンダントトップ【ジュエリーリフォーム実例】

リフォーム実例

今回は、某スタッフのジュエリーリフォーム実例をご紹介します。
片方だけ失くしてしまったピアス等、いくつかの不要な地金を材料にし、カメラモチーフの可愛らしい ペンダントトップを制作しました。

ジュエリーリフォーム・修理・買取りのご相談承ります>>>Houki Kougei

スタッフが選んだジュエリーリフォーム枠は、
「Happy Switch」 モチーフシリーズの中のひとつ。
おにぎりや富士山、招き猫など、クスッと笑顔になれるようなHappyなモチーフが揃っています。
少量の地金で加工できるので、以前リフォームした時の余り地金をお持ちの方にもオススメです。
また、パーツ次第でタイピン・タイタック・チャーム・ピアス・根付など様々なアレンジが可能なのも魅力です。


今回ご紹介する実例では、丸カンを取り付けてペンダントとして使用しています。
身に着けた際に丸カンの穴が見えないように向きを工夫していて、スッキリと仕上がりました。
腰にぶら下がったカメラをイメージし、斜めになるように付けたのもこだわりのひとつ。

レンズの部分には赤いカラーストーンが1pc。
カメラのシャッターが光るイメージでこの色を選んで留めたのだそう。
今にも “カシャカシャ” っと、シャッターを切る音が聞こえてきそうなユニークなアレンジです。

また、上下に黒メッキを入れる事によってグッと引き締まった印象に仕上がっています。
アレンジ次第で色んな表情に変化を楽しめるのは、ジュエリーリフォームならではの魅力です。


実はこのジュエリー、小学生の娘さんと一緒に楽しむために制作したのだとか。
娘さんにとってのファーストジュエリーですね♪
普段はスタッフ自身が身に着け、お出掛けやおばあちゃんの家へ遊びに行く時には娘さんが身に着けて楽しんでいるとの事。

カメラは年代問わず楽しめるモチーフではないでしょうか。
小学生の娘さんが身に着ければ可愛らしい印象に。
お母さんが身に着ければ遊び心のある素敵な女性に。
身に着けた人の年齢によって、違った魅力が引き出せるかもしれませんね。


裏側には、娘さんのイニシャルである 「Y」 の刻印がさり気なく刻まれています。
娘さんが成長した時に…自分のイニシャルが入ったジュエリーは、特別感があってお母さんの想いも感じられて、何重にも嬉しくなりますよね♪

「これからも2人一緒に想い出を重ねて楽しんで使いたい。」と語ってくれました。

贈り物にモチーフジュエリーを


パートナーや家族、友人など、大切な人への贈り物としてもモチーフジュエリーはオススメです。
今週末はバレンタイン。
チョコレートと一緒に小さなモチーフジュエリーを贈るのも素敵ですね。

写真が趣味のあの人へはカメラモチーフを。
スイーツが大好きなあの人へはアイスモチーフを。

相手の好きなものにちなんだモチーフなら、きっと喜ばれます。
相手の事を想って選ぶその時間もまた、かけがえのない想い出になりますね。
そして、相手にとってもお守りのような存在になるとうれしいですね。

以前リフォームした時の余り地金が、そのままご自宅に眠っていませんか?
Houki Kougeiでは少量の地金でリフォームできる枠のご用意がございます。
“特別な想い” を詰め込んで ご自身や大切な誰かへ…。
ジュエリーリフォームで想いを引き継ぐStory作りをお手伝いいたします。

タイトルとURLをコピーしました