姉妹で受け継いだ母の想い【ジュエリーリフォーム実例】

リフォーム実例

今回は、某スタッフによるジュエリーリフォーム実例を2点ご紹介します。
母から譲り受けたガーネットリングとシトリンのルースを、シンプルで使いやすいカラーストーンリングにジュエリーリフォームしました。

この2本のリング、中石のカラーストーンは違いますが、テイストがよく似ていると思いませんか?
実は、1本はスタッフ本人の為に もう1本は妹さん用に。
姉妹でおそろい風にリフォームをしたのだそう。
しかも、中石のカラーストーンはそれぞれの誕生石なのだとか。

お母様がそれぞれの石を手にした当時の娘たちへの想いを感じると…なんだかじんわりあたたかい気持ちになります。
それから時を経て…お母様からの想いと共に譲り受けたジュエリーを姉妹でリフォームするなんてステキですよね♪


中石が引き立つように “フセ込み” と呼ばれる、石の周囲をぐるっと地金で取り巻く留め方をしたのがポイント。
シンプルで今っぽく、引っ掛かりも少ないので人気の留め方です。
ですが石の大きさや形状、バランスによっては垢抜けない印象になるフセ込み…
スタッフの持前のセンスで敢えて深さのある石を使ってフセ込みにし、取巻く地金も極力薄く巻いたのでスタイリッシュで洗練された大人のカラーストーンリングが出来上がりました。


深みのある赤色が大人っぽいガーネットのリングは妹さんへ。
ガーネットは1月の誕生石。
一見シンプルだけど厚みをマーキス状にもたせたデザインをK18でお造りすることで、
特別な日だけではなく、大人が身に着けやすい“赤色のジュエリー”が出来上がりました。
選んだデザインのリングの内側も当たりがやわらかく着け心地もよいデザインです。
コロンとしたやわらかいフォルムと相まって可愛らしく華やかさも加わった遊び心のある仕上がりになりました。


明るく元気なイエローが輝くシトリンリングは11月生まれのスタッフ本人へ。
こちらの枠はアームにヘアライン状のテクスチャーが入った美しく繊細な表情を持ちます。
シンプルなだけじゃない身に着ける人と調和したジュエリーに仕上がりました。


スタッフ本人も妹さんも仕上がりをとても気に入っていて、日常的に身に着けて楽しんでいるそうです♪
友人たちからの評判も上々で、「これからも大切に身に着けていきたい」と笑顔で語ってくれました。

お母様から譲り受けたジュエリーを姉妹で大切に受け継ぐ…
まさにジュエリーリフォームの醍醐味ですね。

今回の実例は “大人の女性がジュエリーを楽しむ” という視点でも参考になるのではと思います。
歳を重ねた今だからこそお洒落に似合うってなんだか嬉しくなりせんか?
日頃から気軽に自由に身に着けて楽しめる…
Houki Kougeiでは、そんなリフォームデザインを多数ご用意しています。

譲り受けた “大切な人が愛用していたジュエリー” をお持ちでしたら、
再び眠らせてしまわず、ジュエリーリフォームをして、“今” のあなたらしく輝かせてみませんか?

関連記事:
1月の誕生石 実りの象徴 ガーネット
黄金に輝く11月の誕生石シトリン。意味や特徴、石言葉は?

お母さまやお祖母さまから想い出と共に譲り受けた数々のジュエリー。
「自分の好みじゃない」「デザインが古い」「自分には似合わない」等の理由で
再びタンスに眠らせていませんか?
Houki Kougeiでは、多種多様な当社オリジナルのジュエリーリフォームデザイン枠を
ご用意しています。
美しい物が世代を超えて受け継がれていくことはもちろん、
日常に寄り添うオリジナルジュエリー造りをお手伝いさせていただきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました