立爪リングと一文字リングをリフォーム【ジュエリーリフォーム実例】

リフォーム実例

今回は国分寺店にてご依頼いただきましたフルオーダーリングをご紹介します。
ご相談時にお持ちいただいた品は、0.5ctのダイヤモンドの立爪リングと1ctの一文字リング。
店舗スタッフによるヒアリングを元に、専属デザイナーがお客様のご要望やイメージを落とし込んだ
上で、一文字リングにあしらわれている5pcsのダイヤモンドの内、1pcが欠けてしまっていたので
残りの4pcsを使うことにしました。
それぞれをリフォームするのではなく、立爪リングと一文字リングを1つのリングにするご提案を
させていただきました。


日常使いしやすい指輪がご希望でしたので、石座を低くして引っ掛かりの少ないデザインに。
0.5ctの中石を中心に 両サイドには一文字リングのダイヤを2pcsずつ それぞれ4本爪でセット。
脇石のエンドに丸みのあるラインを入れることで石との一体感を出し、シンプルな中にやわらかな
表情をプラス+。
フォーマルなスタイルでも、カジュアルスタイルでもお楽しみいただける
“世界でたったひとつの指輪” が出来上がりました。


※お客様から掲載許可をいただいております。

Houki Kougei ではあなたの為に一からデザインをご提案するジュエリーリフォームのフルオーダーも承っております。
美しいものが世代を超えて受け継がれていくことはもちろん、世界でたったひとつのオリジナルジュエリー造りをお手伝いさせていただきます。
専属デザイナー または店舗スタッフがじっくり丁寧にお客様のご要望を伺い、お好みのデザインをご提案いたします。
※フルオーダーの場合は専属デザイナーとのスケジュール調整がある為、まずは最寄りの各店舗までご相談ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました