お気に入りのカラーストーンをペンダントトップにリフォーム【ジュエリーリフォーム実例】

リフォーム実例

今回は、たまプラーザ店でご依頼いただきましたジュエリーリフォーム実例をご紹介します。
ご相談時にお持ちいただいた品は、切子状のカットが美しいカラーストーンのルース。

お客様が選ばれたのは “Happy Switch” シリーズ【Aromatic gems】のリフォーム枠。

お手持ちのカラーストーンが
「大きすぎてリングとして着けにくい…」
「派手じゃないかしら?」
という方は、まずはペンダントトップにするのがオススメ。
大きい石ほどシンプルに仕上げた方がスタイリッシュにまとまり、日常使いしやすくなります。
また、香水瓶をイメージしたこのシリーズは大人の女性にピッタリで気分がアガルジュエリーに
変身します。

レモン色のカラーストーンのキューレット側をオモテ向きにして4本の爪でセットし、繊細で魅力的な
石の表情を立体的に見せています。
バチカン部分の広がるようなデザインも相まって、本物の香水瓶のようなステキなペンダントトップに
仕上がりました。

※お客様から掲載許可をいただいております。

石にはお客様それぞれの思い入れやStoryがあるもの。
せっかくリフォームするなら毎日身に着けたくなるお気に入りのジュエリーに変身させませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました