ネックレスチェーンの長さの選び方。調整はできる?

ジュエリー

みなさんは、何本くらいネックレスをお持ちでしょうか?
その日のコーディネートやファッションによって身に着けるアクセサリー。
その中でも顔周りに近い位置で身に着けるネックレスは、合わせ方で着こなしに幅を与えてくれます。

ネックレスを選ぶとき、ペンダントトップはもちろん重要視したいチェーンの長さ。
実は長さによって名前がついているほど、コーディネートの雰囲気や完成度、人に与える印象も左右します。
ひと目で気に入っても、なんだかしっくりこなかったという経験があるなら、ネックレスチェーンの長さが合わなかったのかもしれません。

今回は普段はあまり意識することのないネックレスチェーンの長さについて。
種類の紹介や選び方、調整できる留め具をご紹介します。

ネックレスチェーンの基本の長さ。チョーカーとは?

実際ネックレスチェーンの長さって、どのくらいの種類があるのでしょう。
ネックレスチェーンは基本的に5cmや10cmで区切られます。
一番短いもので35cm前後、長いものでは1mを超えるものもあります。
お手持ちのネックレスの長さが果たして何センチなのか確認しながら読んでみませんか?

ネックレスの基本の長さと名称

ネックレスチェーンの基本の長さは40cmから50cm。
この間は42cmや45cmなど、ブランドやメーカーによっても標準としている長さは異なるので、通販で購入する際にはよく確認しましょう。

また、首回りの太さや肩周りの肉付きによっても異なりますが、チェーンの長さと見え方について紹介していきますね。

首元を華やかに演出する「チョーカー」 :約35〜40cm


「首を絞めるもの」という由来の通り、首にぴったり沿う「チョーカー」。
のちにモナコ公妃となった女優のグレース・ケリーの代名詞と言っても良い
“首にぴったり巻かれた優雅で気品あるパールのネックレス姿 ” は有名ですね。  
首元にピッタリくる長さは、デニムにTシャツというカジュアルスタイルから、結婚式などのパーティースタイルまで活用できます。
基本的にペンダントトップをつけることは少ないですが、コインなどの小さなトップをつけることも。
デコルテ周りが程よく開いたラウンドネックやボートネックとの相性が良いネックレスです。
また、クラシックな装いに合せても品良くエレガントな印象にまとまります。

基本の “き” のネックレス「プリンセス」:約40〜45cm


「プリンセス」は可愛らしいその名の通り「王女」といった意味もありますが、プリンセスラインのドレスに合う長さのネックレスとして名付けられたのではないかとも。
多くのブランドで採用されている長さであり、着ける人を選ばない長さです。
冠婚葬祭用のパールネックレスもこの長さが採用されます。

大人のシンプルスタイルに定番のシャツやブラウスから覗かせるスタイルは、デコルテ周りをキレイに見せてくれる効果も!
小さなモチーフや一粒で輝くダイヤや色石のペンダントトップとの相性がよい長さです。
また薄手のタートルの上から身に着けるスタイルも上品にまとまります。
ネックレスチェーン単体で身に着けるなら、多少デザイン性のあるタイプをオススメします。

カジュアルさと上品さを併せ持つ「マチネ」:約50〜55cm


プリンセスは少し短いと感じるならおすすめは「マチネ」。
フランス語で「朝・午前」を指す言葉であり、昼に開かれる舞台興業やバレエも「マチネ」と呼びます。
昼の社交界で女性が着けていた長さであることからも、昼のフォーマルな場での装いに適した長さのネックレスとされてきたようです。

シンプルなワンピースや厚手のタートルはもちろん、シャツの上に重ねても素敵です。
ペンダントトップをつけると胸の上部あたりの長さになります。
コーディネートする時のポイントは、少し存在感のある大きめのペンダントトップを選ぶこと。
重ね着けをするときはトップやネックレスの長さが重ならないように調整してくださいね。

ドレッシーな装いにぴったりの「オペラ」:約70cm以上


昼に開催される公演「マチネ」と、夜に開催される公演「オペラ」。
夜のパーティーに適したボリュームのあるネックレスをオペラと呼ぶようになりました。

トップスの開きに重ならない長さなので、意外とどんなトップスにも合わせられます。
ペンダントトップをつけるとみぞおちの下あたりの長さになり優雅さを演出できます。
縦の長さが強調できるので体型をスッキリ魅せる効果もあり、カジュアルなスタイルにも活躍します。
また、ここからの長さはロングネックレスとも呼ばれ、頭から被って2連にして巻くという使い方もできます。
華奢なゴールドのチェーンや、ビーズやパールなどのネックレスなどのデザインがオススメです。

シンプルスタイルにオススメな「ロープ」:約107cm以上


「縄」「一連」といった意味合いのある「ロープ」。
この長さになると、使い道が限られると思われがちですが、一連としてはもちろん、二連三連にしても楽しめます。
オペラよりもより一層縦ラインが強調されてスマートに見えるという嬉しいメリットも。

1930年代頃にこのロングネックレスをカジュアルスタイルに合わせる着こなしが、様々な有名ブランドから提案されました。
今日に至っても、使い勝手が良いのでカジュアルスタイルの定番となっています。
ほかのネックレスとの重ねづけも映えるため、ご自分だけの組み合わせを見つけるのもおすすめ。
プルオーバーのシャツや、ドレープネックのトップスに合わせて華やかに自由自在なアレンジが楽しめます。
ネックレスの存在感があるので、シンプルなスタイルに合わせるとキレイにまとまり、こなれ感も演出できます。

「ロング・ロープ」:約142cm以上

せっかくなので最後にもう一つだけ以下のような長さと名称があることもご紹介しておきますね。
子供の背丈をゆうに超える「ロング・ロープ」。
オペラの2倍ほどの長さになります。
パールやビーズなど、デザインによってフォーマルにもカジュアルにもなります。

かなりボリュームがあるため、トップスはシンプルなデザインを選んで。


さてここまでネックレスの長さと名称、見え方についてご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

そもそも 「ネックレス(necklace) 」という名称は、首(neck)にかける長いヒモ状のレース(lace) が語源であり、首飾りの総称だと言われています。

現在では、TPOやコーディネートに合わせてネックレスの長さを選ぶことがほとんどですが、
普段何気なく選んでしまいがちなネックレス。
長さによって与える印象の違いを知っておくと、選ぶのがさらに楽しくなると思いませんか?
Houki Kougeiの店頭でも、合わせるお洋服のスタイルや首回りの開きによっての
丈詰めや長さ調整のご相談をよく受け承ります。

体型や身長、首の太さは人それぞれ。
まずは自分にとってのベストサイズを知ることから始めてみませんか。

ネックレスチェーンの長さは変えられる?調整可能なパーツとは

「デザインが気に入っても長さがあまり…」という時でも大丈夫。
ネックレスの長さを調整できるパーツがついているチェーンを選びましょう。

もともとついてない場合は、変更が可能か相談してみるのもおすすめです。

アジャスターやスライドチェーンって?

アジャスター

アジャスター(ネックレスの長さを調整できるパーツ)には主に2種類あります。

まずは、元々のチェーンと同じチェーンを少し大きめの “丸カン” でつなぎ、1本のネックレスを二段階の長さに調整できるようにしたもの。
さまざまな長さ調整が必要なければこちらで十分だと思います。


もうひとつは、元々のチェーンとは別の “コマ目が荒いチェーン” をつなぎ、好みの長さ部分のコマ目に合わせて、引き輪をひっかけることで細やかな調整ができるものです。
平均的な長さは5cm程度で、洋服の襟ぐりの形状に合わせての微調整が可能です。
このタイプのアジャスターは初めから付いていることもありますが、単体でも取り外しが可能なものも売られています。

一つ持っておけば、他のネックレスに使用できるので重宝するはずです。
Houki Kougeiの店頭でもご用意がありますのでお気軽にお問合せくださいね。

アジャスター部分が3cmでも、前者は42cmと45cmの二段階、後者は42〜45cmの範囲で選べます。

スライドチェーン


引き輪下の部分にシリコン入りのスライドボールをセットし、そのボールをチェーンに通して滑らせることで長さを変えることができるスライドチェーン。
mm単位での調整ができますが、使用できるチェーンが限定されています。

チェーンのデザインやペンダントトップによっても、ネックレスのベストな長さは異なります。
購入前には試着をして、これ!という一本を見つけてくださいね。

装着しやすいオススメのパーツ

引き輪の進化版で楽に装着♪

ネックレスを装着する際に、女性なら誰もが感じている 「見えない位置での着脱のやりづらさ」…
あなたも一度と言わず感じたことがあるのではないでしょうか?
オシャレをして出かける間際に苦戦していらっしゃる様子が浮かびます。

その引き輪のツマミ部分のカタチを〝大きくしてフィットするように〟等々…
改良された進化版の引き輪が各種でています。

ツマミを〝爪〟でひっかけるのではなく、〝指の腹〟で簡単に軽い力でツマミが引けるので、ネイルをしている女性でも爪を傷めにくく使いやすいのでオススメです。
Houki Kougeiの店頭でも、お客様の
「小さいし、見えないし、爪に引っ掛ける時にブレるし、とっても使いづらいのよね~」
などのご相談のお声が多いので、オススメすると喜んでいただいているアイテムの一つです。

もしも同じように困っている方は、ぜひお品物をご持参いただきお気軽にご相談くださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました