時代にFitしたベーシックを【新作紹介】

ジュエリーリフォーム

今回のデザインテーマは “ベーシック” と “進化”
「ベーシック + 個性」を反映したデザインになります。
ジュエリーを毎日使えるアイテムとして捉えた時に、やはりベーシックなデザインは日常にフィットしやすいはずです。
でも、女性ならどこかの誰かと同じような 「誰しもが持っているテイスト」 になってはつまらない…。
ましてや大人の女性なら、流行の細くて華奢なデザインもいいけれど、重ねた年月にリンクするような、重厚感や洗練された大人の余裕も欲しいのでは?

今回は厚み・ライン・着け心地にも拘った、“自分だけの特別感” を感じていただける新作のご紹介です。

ベーシック + Plus


甲丸状に厚みをしっかり持たせ、リングの内側も内甲丸にして着け心地良い仕上げ。
中石シャトン側面の形状にデザインを付けてダイヤをスッキリ引き立てています。


曲線を “峰のあるライン状 ” に立体感を出すことで、シンプルながらも表情あるデザイン。

『Oneself』シリーズ


弊社のダイヤ枠のメインコンセプトは『Oneself』といいます。
お客様の嗜好は千差万別…。
多彩なオリジナリティあるデザインの中から “今” の自分らしい価値観で選ぶことができるのは
Houki Kougeiの強みだと自負しています。
現状までのダイヤ用リフォームデザインのラインナップを見返してみると…
ベーシックなカテゴリーはおおむねご用意出来ていると思っています。
ですが、ベーシックにも解釈はさまざま。
これからも日常に取り入れやすいラインを少しずつ進化させて加えていく予定です。

2020年秋冬シーズンのトレンドKeywordの一つ “クラシカル”
世の中が様変わりするはじまりに開催されたA/Wランウェイを見る限り、どのブランドも進化したモダンクラシカルが表現されていて新鮮でしたね。
リフォーム枠にはいろいろ制限がある中でも、弊社デザイナーとしては少しずつ遊びも交えながら、その時々の時代を反映し個性も広げていきたい。
…というのが直近のデザインに込めた “今” の思いです
  
ということで新作に込めた “ベーシック” と “個性と進化”
「20年経っても、きっと好きだな~」…なんて思って選んでいただけたらとても嬉しいです。

眠っている記念の婚約指輪やデザインが古くなったジュエリーはありませんか?
Houki Kougei では、豊富なデザインのダイヤモンドリフォーム枠をご用意しており、
お客様のお好みやライフスタイルに合わせたご提案をいたします。
“今”の自分に似合う日常使いのできるデザインにジュエリーリフォームしませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました