「Oneself」シリーズ 春の新作ダイヤモンドジュエリーリフォーム枠【新作紹介】

ジュエリーリフォーム

桜の満開を迎え、今年は暖冬の影響で早くも春本番♪
日当たりの良い場所から新緑もちらほら…
道端にはタンポポの花
河川敷にはつくしがひょっこりと顔を出し
命の息吹と太陽の恵みを感じる季節を迎えました。

Houki Kougeiオリジナルジュエリーリフォーム枠にもそんな季節にぴったりの新作が仲間入り。
デザインのテーマは “太陽” と “光”
どれも心まで明るく照らしてくれるような、力強くてポジティブなデザインです。
今回は2020年春の新作としてダイヤモンドのリング枠1型とペンダントトップ枠2型をご紹介します。

心まで力強く照らす“太陽”のような取り巻きスタイル


永遠に光り輝く太陽は、ただそれだけで元気や強さと癒しを与えてくれるモチーフです。
太陽のように輝く中石とその周りを囲ったまばゆいダイヤモンドが、より輝きを引き立てる
取り巻きスタイル。
全体に贅沢なボリュームをつけ、大人女性の手元や首元を明るく引き立てます。
リングは内甲丸仕様にすることで滑らかな装着感と着け心地の良さを大切にしました。

太陽から生まれたキラリとやさしい “光” を首元に


もうひとつのダイヤモンド用ペンダントトップ枠は、太陽から生まれた “光” のモチーフ。
中石と脇石の大きさや高低差をランダムに配置することでキラリと輝く “光” を表現しました。
“光” をまとったダイヤモンドのやさしいディティールが首元を美しく魅せるデザインです。

ポジティブなモチーフ “太陽”


朝になると東の空から昇り、まぶしく輝く太陽は、銀河系(天の川銀河)に約2,000億個あるといわれる
星々の一つ。
太陽は自分で光る星としては最も地球に近い星です。
今から、約数十億年前に生まれた太陽の光や熱の恵みによって、私たち人間を含めた地球上の生き物の
命が育まれてきました。
そのため、太古から世界中で五穀の成長と豊穣をもたらす太陽を「太陽神」として崇拝してきました。

そんな “太陽” のモチーフには
「魔除け、再生と発展・成長、成功、力強いエネルギー、生命力、治癒能力、大いなる愛の象徴」
などの意味がこめられてきました。

太陽は、自分が輝くことで、まずは自分が明るく光り輝きます。
そして明るくなった光は、自分だけでなく周りにいる存在までも一緒に照らします。
そんな明るくポジティブな印象も、太陽をモチーフにしたジュエリーを身に着けたくなる理由のひとつ
かもしれません。

眠っている記念の婚約指輪やデザインが古くなったジュエリーはありませんか?
Houki Kougei では、豊富なデザインのダイヤモンドリフォーム枠をご用意しており、
お客様のお好みやライフスタイルに合わせたご提案をいたします。
“今”の自分に似合う日常使いのできるデザインにジュエリーリフォームしませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました