ひと足はやい「秋」はジュエリーから。
秋コーデに映えるデザインは?

ファッション

柔らかな生地のニットに、少し毛足の長いシャギーコート。
すでに街のいたるところに「秋」を感じるファッションが溢れています。

この秋冬はどんなファッションを楽しもうかと、今から気分も高まりますよね。

とはいっても、まだ秋のファッションに身を包むのは少し早い気も。
では、ジュエリーでひと足はやく「秋」を取り入れてみてはいかがでしょうか。

今回は秋に映えるジュエリーをご紹介。
コーディネートのアクセントとなるアイテムや、2019年秋冬のファッショントレンドも絡めてお届けします。

秋らしさを感じるジュエリーとは?3つのポイントに注目


ジュエリーは服と異なり、シーズンレスに楽しめるといった印象がありますよね。
しかし、伝わる金属の冷たさや、造形の緻密さから感じる温かみ。

同じ素材でも、デザインや作り手によって豊かな味わいが生まれます。

けれど、ジュエリーで季節を感じるといってもしっくりこない。
そんな時には3つのポイントに注目してみましょう。

・宝石の色
 たとえば、紅葉を連想する「レッド・コーラル」に、秋の落ち着きを感じる「アメシスト」。
 宝石の色で、目から季節を感じることができます。

 普段、服ではなかなか挑戦できない色も、面積の小さなジュエリーだと挑戦しやすいという
 メリットもあります。
 
 今年のトレンドカラーを取り入れるのもよし。
 秋らしいシックなカラーを取り入れるのも素敵ですね。

・貴金属の色と仕上げ
 宝石の色と同様、ジュエリーに使用される貴金属の色も季節感を演出するひとつ。
 たとえば、イエローゴールドやピンクゴールド。
 寒空に映える温かな色味が、秋冬ジュエリーとして人気の高い素材です。

 また、仕上げによって大きく印象を変えるのも、貴金属の特徴。

 ツヤっとひかる「鏡面仕上げ」ではなく、控えめなツヤ感のある「サティーナ仕上げ」は、
 秋冬の洋服の素材感とあいまって、着こなしにこなれ感をプラス。

 シルバーが好きで秋冬も楽しみたいという方は、「仕上げ」にもこだわって選んでみることを
 おすすめします。

・デザインのボリューム感
 夏には大ぶりのジュエリーを身につけていたという方も多いのではないでしょうか。
 ひとつでコーディネートを格上げしてくれる大ぶりのジュエリーですが、秋にはジュエリーの
 ボリュームは少し控えめにしてみてはいかがでしょう。

 カシミアの上質な素材感や、カーディガンの綺麗なシルエット。
 お気に入りの服の美しさを堪能し、引き立てる。
 そんなジュエリーを纏うことで、大人の余裕を感じる装いを楽しむのも素敵です。

2019年秋冬のトレンドは?おすすめジュエリーコーデもご紹介

「秋」を感じるジュエリーのポイントを押さえたなら、次は2019年秋のトレンドについて。
トレンドに合うジュエリーコーデもあわせてお届けします。

・トレンドカラー
 2019年春夏に引き続き人気のベージュと、秋らしく深みのあるブラウン、イエローが2019年秋冬の
 トレンドカラー。
 ベージュは春夏のものより、少し落ち着いた色味を。

 イエローも同様、ブラウン寄りのものを選びましょう。
 特にマスタードカラーはブラック・ブラウン・ベージュとの相性が抜群。
 シャツジャケットやカーディガンで、またはスカーフやベルトなどの小物で取り入れてみましょう。
 宝石でトレンドカラーを取り入れるなら、パールにオパール。
 スモーキークオーツ、ブラウンダイヤモンドがおすすめ。

・トレンドシルエット
 2019年秋冬の傾向は、少しゆとりのあるシルエットが人気です。
 しかし、ただオーバーサイズなのではありません。
 ベルトでウエストマークをしたり、シルエットをしぼったりと、着こなしにアクセントが必須。

 ボリューム感のあるスリーブのトップスにはタイトスカートを合わせて。

 ジュエリーで取り入れるなら、たとえばバングルやブレスレットの重ねづけ。
 手首といった華奢な部分を強調することで、メリハリを楽しんで。

秋はもうすぐそこ。
一年で今しか楽しめない装いを、素敵なジュエリーとともに堪能してくださいね。

ライター:仁科エリカ

コメント

タイトルとURLをコピーしました