ロンドンブルートパーズを表情ある指輪にジュエリーリフォーム【ジュエリーリフォーム実例】

ロンドンブルートパーズリング リフォーム実例

今回は、某スタッフによるジュエリーリフォーム実例をご紹介します。

以前ミネラルショーで購入したお気に入りのロンドンブルートパーズのルースを使い、脇石で飾らなくてもモダンに洗練された指輪にジュエリーリフォームしました。

選んだジュエリーリフォーム枠はこちら

ジュエリーリフォーム枠

ストレートなアームに3列の立体的なゴールドビーズが並んだデザイン。
中央レーンだけ少し高さを出してあるので、厚みのある石とのバランスも取りやすい仕様です。
同じデザインでアームが細いものもありますので、石のサイズやお好みに合わせてお選びいただけます。

ロンドンブルートパーズリング

スタッフが選んだリフォームレシピは、中石をコロンとしたカップ状の石座でセットするデザイン。
この石座で留めるメリットは、厚みのある石であっても側面から見た時に、石の色肌を多めに見せることができ、中石を軽やかに引きたてられること。
K18YGで仕立てることにより柔らかな印象になり、トパーズの深い青が際立ちます。
また、日本人の黄味がかった肌にしっくり馴染み、クールでありながら日常使いにもピッタリなリングに仕上がりました。

ロンドンブルートパーズは、ミネラルショーや宝飾展、旅行先でのお土産など…
気軽な価格から購入できるカラーストーンです。
また11月の誕生石でもあり、秋冬にピッタリのカラーが魅力。

カラーストーンを選ぶ際には、誕生石や宝石言葉で選ぶのはもちろん、好きな色や
“あ!この石好きだな” っていうような直感で選んでみても楽しいものです。
最近では、応援しているアイドルやキャラクターをイメージした “推し色” なんて言葉もありますね。

ルース(裸石)のままご自宅で眺めて楽しむだけでなく、ジュエリーとして身に着けて楽しむことができるのも宝石の醍醐味。
Houki Kougeiでは、多種多様なジュエリーリフォーム枠を取り揃えており、
お持ちの宝石やお好みに合わせて、あなたの為だけのジュエリーデザインをご提案いたします。
“ジュエリーリフォーム” ってどこか古臭いデザインイメージをお持ちの方は、ぜひお気軽にご相談ください。
きっとお気に入りのデザインが見つかるはずです♪

石にはお客様それぞれの思い入れやStoryがあるもの。
せっかくリフォームするなら毎日身に着けたくなるお気に入りのジュエリーに変身させませんか?
タイトルとURLをコピーしました