高貴な輝きと妖艶な魅力 ~2月の誕生石アメシスト

ジュエリー

アメシストには “紫色” と言っても、黒に近いものから藤色や淡いライラック、ラベンダー色まで、
濃淡のある様々な色調が存在します。
紫色は、古くから高貴な色として尊重されてきました。
ヨーロッパでは、司教の尊厳を表すシンボルとして、アメシストのリングが崇められ大切にされて
きました。
日本においても、布の染色として紫草の根によって染められていましたが、大変手間がかかる上に高価だった為、特権階級のみが許される色でした。
特に江戸時代になると「奢侈禁止令 しゃしきんしれい」~華美な色の着用禁止~ によって、一般庶民の着用は固く禁じられました。
このように時代背景としても高貴・優美な印象ですが、一方で品位とは相反する妖艶な魅力を感じる
“2月の誕生石 アメシスト”について今回はご紹介いたします。

アメシストの名前の由来

アメシストの名前の由来は、ギリシャ神話から来ています。
諸説ありストーリーに違いはあるようですが大枠はこんな感じ…

豊穣と酒の神バッカス(Bacchus)は大酒呑みで短気な乱暴者。
その日もお酒を呑んで月の女神ダイアナと大喧嘩をしてしまいます。
むしゃくしゃしたバッカスは怒りが収まらず、ペットの猛獣ピューマを連れて外に出ます。
憂さ晴らしに、最初に出会った人間をペットのピューマに襲わせようという企みです。
そこに運悪く通りかかってしまったのが、ダイアナの女官であり若く美しい“アメシスト”でした。
アメシストは必死で逃げますが、すぐにピューマに追いつかれてしまいます。
さあ大変!!!ピューマに襲われるその瞬間、稲妻の大きな爆音が辺り一面にとどろきました。

そこにはアメシストの姿は無く、白く輝く石がありました。
ダイアナが、襲われそうになったアメシストをピューマから守るために純白の水晶に変えたのです。
酔いからさめて後悔し大いに反省したバッカスは、白く輝く水晶に赤ワインを手向けました。
すると石が紫色に染まり、アメシスト(紫水晶)という美しい石になったといいます。

バッカスは己の酒癖の悪さを悔い、石に呪文を刻みました。
「アメシストを身に着けた者は、どんなにお酒を呑んでも自分を見失わず、酩酊しない」と…
ギリシャ語で “アメシストス(amethystos)” とは、「酒に酔わない」といった意味を持ち中毒を防ぐと
信じられていました。また、「人生の悪酔いから自身を守ってくれる」とも言われています。
お酒を呑む機会が多い人や 酒癖が悪い人は、酒宴の席に身に着けていくと良いかもしれませんね。

それにしてもダイアナさん。石にしてしまうのなら襲いかかるピューマの方にすればよかったのに!?
…と思うのは私だけでしょうか?
しかしながら、美しい女官だったからこそ、遠い遠い昔から現在に至るまで神話として語り継がれ、
美少女の化身として石に輝きを残したのでしょう。

アメシストについて


アメシストの和名は 「紫水晶」といい、その名の通り水晶の仲間になります。
水晶の色変種の中では、最も美しいと高評価されており主な産地はサンバの国、ブラジルです。

アメシストは、ブラジルに大きな鉱床が見つかった19世紀まではルビーやエメラルドのように高価
でした。
現代では豊富に供給されるようになったため、その美しさに対し手頃な価格で手に入りやすくなり
ました。
豊富なカラーバリエーションがありますが価値は色味が重要となり、透明度と色が深い物ほど高い
評価を受けます。

注意すべき点として、アメシストは光にあまり強くありません。
長時間直射日光に当てると徐々に変色してしまいますので保管する場所には充分注意してくださいね。
ジュエリーとして日常の使用にも適していますが、ルビーやサファイア、ダイヤモンドといった
硬い宝石よりもダメージを受けやすく、これらの石によって傷がつく場合があるため、隣接して保管
しないようオススメします。

アメシストの魔力

優雅で高貴な色の中に潜む、妖艶で小悪魔的な魅力もあるアメシスト。
誠実、心の平和を象徴し身に着ける者の思考をクリアにして調和と調整をもたらす愛の守護石。
感情を鎮めて心に平和を与え、精神の安定をはかるヒーリング効果があると言われています。
不安やストレスを取り除き、穏やかな気持ちにさせてくれるでしょう。

アメシストは非常にスピリチュアルなパワーが高いとされていますので、
恋愛だけでなく厄除けやクリエイティブな仕事をしている人のお守りとしても人気です。
直観力や持ち主の意識、隠れた才能や魅力を開花させ、前進していけるようサポートしてくれる
でしょう。


また、「恋人を招き寄せる石」、「真実の愛を守り抜く石」など、
愛の守護石とも言われており、ヨーロッパでは、恋人に贈ると喜ばれるそうです。
恋愛においては長くつづけるなら燃え上がりすぎもご用心!
アメシストは、二面性のある石です。
“情熱の赤”と“冷静の青”。
相反する色が混ざっているのですから、積極性と冷静な心の両方をもたらし強力な魔力が宿る石とされています。
我を見失うような恋に落ちても、燃え上がる恋の炎を穏やかに沈静化させてくれるパワーもあるそうです。
心の深いレベルでの理解力や心の繋がりをもたらし、本当に信頼できる友やパートナーを見極めるのに
素晴らしい助けとなってくれるのではないでしょうか。

今日はバレンタインですね。
アメシストはチョコレートと一緒にもってこいのプレゼントではないでしょうか?
大切な人と一緒にアメシストの魅力をお楽しみください。

ライター:綺羅子

コメント

タイトルとURLをコピーしました