想いや絆と共に受け継がれるツインジュエリー【ジュエリーリフォーム実例】

リフォーム実例

今回は、某スタッフのジュエリーリフォーム実例をご紹介します。
祖母から譲り受けた 複数のパールが付いたブローチをペンダントトップにジュエリーリフォームしました。

ジュエリーリフォーム・修理・買取りのご相談承ります>>>Houki Kougei

実は今回、同じデザインのペンダントトップを2点制作しています。
1点はスタッフ本人の為に、もう1点は妹さん用に。
姉妹でお揃いのジュエリーにしたのだそう♪
直接会うのが難しい今、お揃いのジュエリーを身に着けると 離れていても相手を身近に感じられますね。

スタッフが選んだジュエリーリフォーム枠はこちら。

石留めアレンジをせずにそのまま身に着けていただいても品良く楽しめるスタイリッシュなデザインです。
今回はパールとメレダイヤを一粒ずつセットし、シンプルなペンダントトップにリフォームしました。

複数のパールが付いたブローチの中からよりキレイな珠を選び使用しています。
曲線に沿うようにセットされたパールとダイヤが、それぞれ余白の中でのポイントとなり、
スッキリとバランス良く仕上がりました。
側面から見ても程良いボリューム感があり、普段使いしやすいデザインです。
ダイヤをカップ状の石座で留めているのも軽やかにみせる秘訣です。

今年のお正月は、実家への帰省や親戚への挨拶回りを見送ったという方も多いのではないでしょうか?
ニューノーマルな時流に乗って、オンラインで新年の挨拶をし合ったという方もいらっしゃるかもしれませんね。
そんな時に画面越しでも、愛しい孫娘たちが仲良くお揃いのジュエリーを身に着けていたら、ちょっとだけ暖かい気持ちになったり、お互いが笑顔になるきっかけになるかもしれません。

お祖母さまとしては、大切なジュエリーを放置せずにリフォームして使ってくれていることが何より嬉しかったり…
孫娘たちは、受け継いだジュエリーにまつわるお祖母さまの想い出話を聞いて、ガールズトークに花が咲くなんて事も♪

想いの詰まったジュエリーは、 “譲った人” と “譲り受けた人” 双方でお互いの絆を深めてくれるもの。
大切な人から譲り受けた “昔愛用していたジュエリー” をお持ちでしたら再び眠らせてしまわず、
オシャレにジュエリーリフォームをして、次は “今” のあなたらしく輝かせてみませんか?

お母さまやお祖母さまから想い出と共に譲り受けたジュエリー。
「自分の好みじゃない」「デザインが古い」「自分には似合わない」等の理由で
再びタンスに眠らせていませんか?
Houki Kougeiでは、多種多様な当社オリジナルのジュエリーリフォームデザイン枠をご用意しています。
美しい物が世代を超えて受け継がれていくことはもちろん、
日常に寄り添うオリジナルジュエリー造りをお手伝いさせていただきます。

タイトルとURLをコピーしました